幼稚園の受験の日に持たせるお弁当箱について。

幼稚園の受験本番の日に、園によってはお弁当が必要な園もあります。これは、1日通して試験を行うようになっていて、お弁当を食べる時間も試験の一部となっている場合があるからです。そのため、お弁当箱をお子さんに持たせるために気を付けなければならないことがあります。どんなことかといいますと、キャラクターが入ったお弁当箱を持たせないようにするということです。幼稚園に入ってしまえばキャラクターが入ったものでも何でも好きなお弁当箱を持たせて構いませんが、受験の日に持たせてしまうとお子さんがキャラクターに気を取られてしまうといった可能性があります。そうなると、お弁当の時間にきちんとごはんを食べてくれなかったり、そわそわして落ち着きがなくなる恐れが出てくるので、場合によってはこの園にふさわしくないと判断されてしまうこともあります。

幼稚園の受験本番の日にお弁当を持たせる場合。

幼稚園によっては、受験本番の日にお弁当を持たせてくださいといわれる場合があります。これは、お弁当を食べる時間を設けてお子さんがきちんと残さず食べるかどうか、きれいに食べるかどうかなどを試験官が見るためです。お子さんが食べるかどうかだけではなく、お弁当の内容まで見られる場合もあります。たとえば、白ごはんだけを詰めたものだったり、野菜を入れずにお肉しか入れてないとなると、あまり心象は良くありません。普段ご自宅でバランスの良い食生活をされていないのではないかと見られかねませんし、逆にお子さんの好きな食べ物ばかりを食べさせていると感じられる可能性もあるからです。そのため、緑や、黄色、そして赤色を取り入れた彩りの良い食べ物を普段から食べさせるようにして、受験本番の日にもお弁当に入れるようにすると良いです。

受験の日に体操服への着替えを課す幼稚園もあります

受験の日に、体操服の着替えを課す幼稚園もあります。これは、親御さんの手伝いや、親御さんが着替えさせなくてもきちんとお子さん自身で着替えができるかどうか、そして手早く着替えられるかどうかを見るためです。そのため、体操服を本番の日には持っていく必要があります。体操服を手に持たせる訳にはいかないため、大きめのバッグを持たせるようにすると良いでしょう。サブバッグくらいの大きさですとすっぽりと入ります。体操服は、直に入れるのではなく、風呂敷などに包んだ状態で入れておくのが望ましいです。風呂敷などで包んでおくと、お子さんが着替えるときまでに汚れたりする心配もありませんし、バッグの中に入っていたゴミなどが混入することもありません。お弁当もいる場合もありますが、サブバッグくらいの大きさでしたら体操服とお弁当の両方入るくらいなので、バッグ1つで済みます。

願書の添削や家庭での過ごし方のアドバイスまで、保護者へのサポートも充実しています。 伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 毎年、多くの子どもたちが伸芽会から名門小学校へ入学しています。 小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。不景気や少子化にも関わらず、小学校受験をする家庭の数は伸び続けています。 名門幼稚園の受験対策をおこなっています。